生え際の後退の原因

年齢や生活環境など、様々な要因から起こる脱毛、特に目にとまりやすい生え際の脱毛においては、誰もが悩んでいると思われます。
気のせい?ストレス?年齢のせい?どんどん広がる?不安に思われていると思いますが、脱毛の進行は間違いなく進んでいきます。

早い人では20代から始まる脱毛の悩み、特に男性に多い生え際の後退は、実は男性ホルモンに深く関係しています。
そんな脱毛が起きるメカニズムについてご紹介いたします。

脱毛のメカニズム なぜ始まる?

男性ホルモン(テストステロン)の影響
抜け毛の大きな原因となるものは男性ホルモン(テストステロン)の影響と言われています。
特に生え際の後退については真っ先にあげられる原因がこの男性ホルモン(テストステロン)です。

男性ホルモン(テストステロン)は毛穴の皮脂腺から分泌される5αリダクターゼの酵素と結合し、強力なジヒドロテストステロンを生み出します。
このジヒドロテストステロンが働く事で毛根の働きを抑制し脱毛へと進んでしまいます

ジヒドロテストステロンのしくみ
ジヒドロテストステロンは直接髪に作用するのではなく、毛を発毛させる毛乳頭にあるレセプターと呼ばれる受容体に結びつき、髪の成長を抑制してしまいます。
それにより、まだ柔らかく成長しきっていない毛髪のまま抜け落ちるという抜け毛を促進させてしまいます。

また髪の成長を抑制しながら、毛穴に必要以上の皮脂を分泌させる事により毛穴を萎縮させ毛髪サイクルを乱してしまう、この2つの悪さを行う事で脱毛を加速させます。

遺伝的要素
父母や祖父母に脱毛や薄毛などの方がおられましたら、遺伝的に脱毛の可能性は高くなります。
具体的に言いますと、遺伝的に5αリダクターゼの分泌が多いからです。
必然的にジヒドロテストステロンも大量に発生させてしまう事で抜け毛や脱毛につながってしまいます。
生活環境
飲酒タバコ不規則な食生活偏った食生活により、頭皮の中で血行不良が生じて毛を生成する為に必要な栄養素が十分に運ばれない為に抜け毛や薄毛、やがて脱毛につながる可能性が高いと言われています。
ストレス
円形脱毛症などで知られていますが、過度なストレス睡眠不足により身体の負担だけでなく頭皮へも負担がかかってきます。
ストレスは自律神経を乱し血行不良過剰な皮脂分泌を引き起こし、頭皮を硬くさせ、髪の成長を妨げる原因となってしまうのです。

脱毛に気づくポイント

生え際の後退にいち早く気づくポイントがあります。
それは、過剰な皮脂分泌です。
男性ホルモン(テストステロン)の影響であれば、頭皮に過剰な皮脂分泌が起こります。

手で触れてみて、朝に髪を洗ったところなのに何だかペタっとするような違和感、あるいは、生活環境やストレスが原因だとすれば、頭皮に限らず顔においても過剰な皮脂分泌が起こるので気づく事は出来るでしょう。

男性は、普段の生活の中でもそういったポイントに目を向ける事で、いち早く脱毛や生え際の後退の改善する事ができるでしょう。